肝臓を

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓(すいぞう)の血糖値に関与しているβ細胞が壊れてしまうことによって、
その膵臓から必要量のインスリンが分泌されなくなってしまい発病に至る生活習慣とは無関係の糖尿病です。


下腹部の疼痛を主訴とした代表的な疾患には、
大腸粘液が複数個所突出する大腸憩室症、
腎や膀胱などの尿路結石症、難病指定されている潰瘍性大腸炎、
腹膜に炎症が起こる急性腹膜炎、
女性特有の病気等の病名が挙げられます。


日本における結核対策は、1951年に生まれた「結核予防法」に準ずる形で実行されてきましたが、
56年後の平成19年からは他の数多ある感染症とひとくくりにして「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に基づいて遂行されることとなりました。


吐血と喀血、いずれも口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、
喀血とはのどから肺に続いている気道(呼吸器のひとつ)からの出血のことであり、
吐血は十二指腸よりも上にある消化管からの出血のことを表します。


「肝機能の衰退」については、血液検査項目のAST(GOT)やALT(GPT)、
γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)等の値によって診ることができますが、
ここ数年の間に肝臓の機能が悪化している人数がだんだん増えているそうです。


「体脂肪率(body fat percentage、
percent of body fat)」とは、
人の身体の中の脂肪が占有している歩合のことであり、
「体脂肪率(percent of body fat、
%)=体脂肪量(somatic fat volume、
kg)÷体重(weight、キロ)×100」という数式で値を確認できます。


体を維持するのに必要なエネルギーとして瞬時に役立つ糖質、
人の細胞の新陳代謝に必須の蛋白質など、
激しい痩身ではこれらのように体調を整えるために絶対必要な要素までもを欠乏させてしまっている。


ストレスがかかり、溜まるというプロセスや、便利で効果的なストレス対処法など、
ストレスにまつわる正しい知識を持っている方は、
多くはありません。

季節病ともいわれる花粉症とは

めまいが確認できず、長く続く耳鳴りと低音域の難聴の症状のみをいつまでも繰り返す症例の事を区別して「蝸牛(カタツムリ)型メニエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」という病名で呼ぶ事例も多いそうです。


マスクが欠かせない花粉症とは、
杉や檜、松、ブタクサなどの様々な植物の花粉が素因となって、
くしゃみ・頭重感・鼻づまり・鼻みずなどの色々なアレルギー症状を示す病気として知られています。


ちょっとした捻挫だろうと決めつけてしまい、
湿布を貼って包帯やテーピングなどで患部を固定し、
様子を見るのではなく、応急処置してからすかさず整形外科医に診てもらうことが、
完治への近道となるのです。


吐血と喀血は両方とも口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、
喀血というものは喉から肺を繋いでいる気道(きどう)から出血することであり、
吐血というものは無腸間膜小腸より上にある食道などの消化管から出血する症状を指しています。


脂漏性皮膚炎は皮脂分泌の異常が原因で出現する湿疹で、
皮脂分泌が乱れる誘因としてはアンドロゲンと女性ホルモンの均衡の乱れやV.B.複合体の枯渇などが関わっています。


内臓に脂肪が多く付いた肥満が診られ、
脂質過多、塩分の摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、
糖分の過剰摂取などによる「高血糖」の中で2~3項目に一致するようなケースを、
メタボと名付けました。


体を動かすのに必要なエネルギーの源としてすぐに働く糖、
細胞の新陳代謝に必須のタンパク質など、
激しい痩身ではこうした体を維持するために欠かすことのできない栄養成分までもを減少させてしまっている。


ハーバード大学医学部の調べによれば、
一般的なコーヒーと比較して毎日2カップ以上のデカフェのコーヒーに変えることで、
驚くことに直腸癌の発症する確率を5割以上も減らせたそうだ。

ジェネリックという医薬品というのは

常在細菌のブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」の意)はグラム染色で紫になるグラム陽性球菌で、
毒素が極めて強い黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus)と毒力があまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種に分けられます。


消化器科の領域である急性腸炎(acute enteritis)は、
大多数が腹痛・悪心・下痢の症状が出る程度で治まりますが、
細菌性の場合は強烈な腹痛・繰り返す嘔吐・下痢と一緒に38℃以上の高熱が出るのが特徴だといえます。


脂漏性皮膚炎というのは皮脂の分泌異常により起こる発疹で、
皮脂の分泌が乱れる主因としてはアンドロゲンとエストロゲン・ゲスターゲンの不均衡やV.B.コンプレックスの欠乏等が関わっているのです。


耳鳴りには性質の異なる2種類が存在し、
当事者にしか聞こえないという「自覚的耳鳴り」と、
血液の流れなどのように当事者に加えて他の人にも高性能のマイクロホンなどを利用すると感じられるタイプの「他覚的耳鳴り」とがあり、
治療の方法が変わります。


AEDというものは医療資格を保有しない一般の人にも使用可能な医療機器で、
機器本体から流れる音声ガイダンスが指示してくれる通りに利用することで、
心室細動に対しての応急処置の効き目を発揮してくれます。


針を体に刺してもらう、というフィジカルな程よい複数の刺激は、
神経細胞を活発にして、神経インパルスという通称のいわば電気信号伝達を起こすのではないかと言われています。


日々の折り目正しい暮らしの維持、
腹八分目を忘れないこと、適切な体操等、アナログともいえる身体に対する意識がお肌のアンチエイジングにも関係しているといえます。

アメリカやヨーロッパにおいては

ビタミン欠乏症である脚気の症状は、
両手両足がしびれるような感覚があったり下肢の著しいむくみなどが代表的で、
発症から時間が経ってしまうと、
重症の場合、呼吸困難に至る心不全なども齎す可能性があるのです。


脂漏性皮膚炎という病は皮脂分泌の異常により起こる発疹・発赤で、
分泌が異常をきたす原因として生殖ホルモンのバランスの崩れやV.B.コンプレックスの慢性的な欠乏等が大きいと考えられているのです。


BMIを算出する式はどこの国も一緒ですが、
数値の位置づけは国家単位で違っており、
一般社団法人日本肥満学会(JASSO)ではBMI22であれば標準体重とし、
BMI25以上の場合を肥満、18.5未満を低体重と定義付けています。


ふと気が付くとゴロンと横向きのままでテレビ画面を見ていたり、
ほっぺたに頬杖をついたり、ヒールの高い靴等を毎日履いたりという習慣的なことは体の左右のバランスを崩してしまう要因になります。


スギの木の花粉が飛散する3月前後に、
小さな子どもが発熱はみられないのに頻繁にくしゃみをしたり水っぱなが出続ける症状なら、
その子は杉花粉症の可能性が高いといえるでしょう。


普通では骨折に至らない程度の弱い圧力でも、
骨の同一のポイントに何度も繰り返して継続的に力が加わってしまうことで、
骨折に至ってしまうこともあるようです。

真正細菌のひとつである結核菌は

AIDS(エイズ)というのはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染により罹患するウイルス感染症であって、
免疫不全を起こして些細な病原体による日和見感染や悪性新生物などを複数発症してしまう病状のことを指しているのです。


患者が増えつつある逆流性食道炎は、
4~5日くらいちゃんとお薬を飲めば、
一般的にほとんどの患者さんの自覚症状は治まりますが、
イコール食道粘膜の炎症反応が根治したとは言い切れません。


「肝機能の悪化」については、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)やアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、
γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)など3種類の値で分かりますが、
特にここ数年肝機能が悪化している日本人が増加傾向にあるということが分かっています。


「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、
体内における脂肪の占有する%を指しており、
「体脂肪率=体脂肪の量(kg)÷体重(body weight、
キログラム)×100」というシンプルな計算式で算出することができます。


3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione-SH)は、
細胞の機能を鈍化させたり突然変異を招く有害な物質を体内で無毒化し、
肝機能を促進する特長が認識されています。


V.D.は、カルシウムが体に吸収されるのを促進する機能で有名であり、
血中のカルシウムの濃度を操って、
筋肉の働きを適切に調節したり、
骨を作ったりします。


メタボであるとは診断されていなくても、
内臓に脂肪が溜まりやすいようなタイプの悪質な体重過多が確認される事によって、
様々な生活習慣病を引き起こしやすくなります。

最新投稿

  • 肝臓を

    生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓(すいぞう)の血糖値に関与しているβ細胞が壊れてしまうことによっ …

    続きを読む...

  • 季節病ともいわれる花粉症とは

    めまいが確認できず、長く続く耳鳴りと低音域の難聴の症状のみをいつまでも繰り返す症例の事を区別して「蝸牛(カタツ …

    続きを読む...

  • ジェネリックという医薬品というのは

    常在細菌のブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」の意)はグラム …

    続きを読む...

  • アメリカやヨーロッパにおいては

    ビタミン欠乏症である脚気の症状は、両手両足がしびれるような感覚があったり下肢の著しいむくみなどが代表的で、発症 …

    続きを読む...