鍼灸針

30才から39才までの間に更年期がやってくるとすれば、
医学的には「早発閉経(early menopause)」という疾患に当てはまります(我が国の場合40歳以下の女の人が閉経することを「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」と呼ぶのです)。


BMI(体重指数を算出する式はどこの国でも共通ですが、
BMI値の位置づけは国によってそれぞれ少しずつ違っていて、
JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY(JASSO)ではBMI22が標準、
BMI25以上を肥満、18.5未満の場合だと低体重と定義しているのです。


体を動かすのに必要なエネルギー源として瞬時に役立つ糖分、
新陳代謝に必要となるタンパク質など、
度の過ぎた痩身ではこの2種類に代表される活動を維持するために外せない栄養素までも減らしてしまう。


スギの木の花粉が飛散する期間に、
小さな子どもが体温はいつもと変わらないのにクシャミや水のような鼻みずが出続けているような症状に当てはまったら、
その子は『スギ花粉症』の可能性が高いかもしれません。


ハーバード大学医学校の調べによると、
普通のコーヒーと比較して1日あたり2~3杯はカフェインが90%以上除去されたコーヒーを飲むと、
直腸ガン発病リスクを半分以上は減らせたのだ。


薄暗い所だと光量が不足するので見辛くなりますが、
より瞳孔が開くので、目のピントを合わせるのに不必要な力がかかってしまい、
結果的に日の差す場所で物を眺めるより疲労がおおきくなります。


基礎代謝量というのは睡眠中ではない状態で生命活動を保つ(鼓動、
鼻からの呼吸、腎機能、体温や筋緊張の維持等)ために欠かせない理論上のエネルギー消費量の事を指しているのです。

めまいが現れず

もう永久歯の表面のエナメル質を浸食するまでに悪くなってしまった歯周病は、
残念ながら症状自体が沈静化したとしても、
失ったエナメル質が元の量に構築されることはないと言われているのが現状です。


食べ過ぎ、肥満、喫煙、運動不足、遺伝、不規則な生活、多忙によるストレス、加齢など複数の素因が組み合わさると、
インスリンの分泌量が減ったり、
働きが落ちたりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病を発病するのです。


細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、
一番代表的な中耳炎で子どもによくみられる病気です。
強い耳の痛みや38℃台の発熱、
酷い鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(じろう)などが出現します。


スギの木の花粉が飛散する1月から4月の時期に、
幼い子どもが平熱なのにしょっちゅうくしゃみをしたりサラサラした水っ洟が止まないケースは、
『スギ(杉)花粉症』の恐れがあるでしょう。


ハーバード医大(HMS)の調べによると、
普通のコーヒーと比較して1日2~3杯のノンカフェインコーヒーに変えれば、
驚くことに直腸癌の発生率を半分も減らせたらしい。


塩分や脂肪分の摂り過ぎはやめて簡単な運動を心がけるだけでなく、
ストレスの少ないような日常生活を心がけることが狭心症を引き起こす動脈硬化を予め予防する知恵なのです。

最新投稿

  • 鍼灸針

    30才から39才までの間に更年期がやってくるとすれば、医学的には「早発閉経(early menopause)」 …

    続きを読む...

  • めまいが現れず

    もう永久歯の表面のエナメル質を浸食するまでに悪くなってしまった歯周病は、残念ながら症状自体が沈静化したとしても …

    続きを読む...