日々繰り返される折り目正しい

下腹部の激痛が主訴となる主な病気には、
虫垂炎と間違われやすい大腸憩室症、
腎や膀胱などの尿路結石症、特定疾患に指定されている潰瘍性大腸炎、
腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、
子宮や卵巣の病気など、色々な部位の病気が挙げられます。


自分で外から観察しただけでは折ったかどうか区別がつかない場合は、
ケガをしてしまったところの骨をゆっくり突いてみて、
その部分に強烈な痛みが響けば骨折かもしれないので、
すぐ病院へ行きましょう。


結核菌(Mycobacterium tuberculosis)は、
保菌者が「咳」をすることによって空中に飛び散り、
空中でフワフワ浮遊しているのを誰かが空気と一緒に吸い込むことによって次々に感染していくのです。


細菌やウィルスなど病気を生み出す微生物、
すなわち病原体が呼吸とともに肺へ侵入して発病してしまい、
肺全体が炎症反応を示している境遇を「肺炎」と称しています。


「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、
身体のなかの脂肪が占める比率のことであって、
「体脂肪率(パーセント) = 体脂肪量(somatic fat volume)÷体重(body weight、
キロ)×100」という計算式によって確認できます。


WHO(World Health Organization)は、
UV-A波の異常な浴び過ぎが皮ふの病気を招く可能性が高いとして、
19歳未満の人がファッション感覚で肌を黒くする日サロを使用する行動の禁止を各国に推奨しています。

予防接種の不活化ポリオワクチンは

めまいは診られないのに、辛い耳鳴りと難聴を数回繰り返す症例の事を「蝸牛(カタツムリ)型メヌエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」という症例もあるそうです。


消化器科の領域である急性腸炎は、
大体において腹痛・悪心・嘔吐・腹下しを伴う程度ですが、
細菌性の場合は強烈な腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・水下痢に加えて高い発熱が違いです。


「体脂肪率」というものは、体内の脂肪の付いているパーセンテージのことであって、
「体脂肪率(body fat percentage、
%)=体脂肪量(キロ)÷体重(body weight)×100」という式によって表すことができます。


BMI(体重指数を求める式はどこの国も一緒ですが、
BMI値の評価は国家によって少しずつ違い、
(社)日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI値22が標準体重、
BMI25以上は肥満、BMI18.5未満を低体重と広報しています。


ピリドキシンには、あのアミノ酸をTCA回路と呼ばれているエネルギー代謝のために必要となる重要な回路にいれるため、
もっと分解させるのを補助する機能もあります。


亜鉛は、DNA(Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関係している様々な酵素や、
細胞や組織の代謝機能に欠かせない酵素など、
約200種類以上もの酵素を構築する成分となるミネラルの一種だといわれています。

開放骨折して

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓に存在している血糖値を下げるインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由で壊れてしまうことにより、
その膵臓から必要量のインスリンが出なくなることによって発症してしまう種類の糖尿病なのです。


高熱が特徴のインフルエンザに対応している予防策や病院での手当等、
このような原則的な対策というものは、
季節性のインフルエンザであっても未知なる新型のインフルエンザでも一緒です。


天然の化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の一つのスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている有機硫黄化合物について、
肝臓から分泌される解毒酵素そのものの創造をサポートしているという新たな可能性が明らかになってきました。


一旦永久歯の表面のエナメル質を浸食するまでに悪くなってしまった歯周病は、
たとえ進行具合が沈静化したとしても、
なくなった骨が元の量に戻るようなことは有り得ません。


基礎代謝は人間が横たわっていても燃焼する熱量のことですが、
その半分以上を全身の骨格筋・内臓の中で一番大きな肝臓・多量の糖質を必要とする脳が占めているということはあまり知られていません。


ただの捻挫だろうと自己判断してしまい、
冷湿布を貼って包帯やテーピングで固定し、
様子をうかがうよりも、応急処置を施してから少しでも早く整形外科でレントゲンを撮ることが、
快癒への近道だといえるでしょう。


寝姿を見ることなどで、高齢者がセラピーアニマルをとても可愛らしいと感じることで「絆のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌された結果、
ストレスを減らしたりヒーリングに繋がっていくのです。


クシャミや鼻みず、鼻づまりや目の掻痒感・ゴロゴロするような異物が入っている感じなどの花粉症の主な諸症状は、
アレルギーを起こす花粉の放出される量に比例したように深刻になってしまう傾向があるということが明らかになっています。

ストレス

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓(すいぞう)の血糖値を下げるインスリンを分泌しているβ細胞が損傷を受けてしまったことで、
膵臓からは微々たる量のインスリンしか分泌されなくなることによって発症するという自己免疫性のタイプの糖尿病なのです。


消化器科で診てもらう急性腸炎は、
通常は腹痛・吐き気・嘔吐・下痢の症状が出る程度で治まりますが、
バイ菌の感染による腸炎の場合は猛烈な腹痛・何度も繰り返す嘔吐・水下痢と一緒に高熱も出るのが通例だといえます。


子供の耳管の特徴は、大人の耳管に比べると太い上に短い形で、
尚且つ水平に近いため、黴菌が入りやすくなっているのです。
乳幼児が急性中耳炎になりやすいのは、
この作りが関係しています。


世界保健機関(WHO=World Health Organization)は、
有害なUV-Aの度を越した浴び過ぎは皮ふ疾患をもたらす可能性が高いとして、
19歳未満の人がファッション感覚で日焼けサロンを利用することの禁止を世界各国に提起しています。


ロックのライブの開催される場所やダンスするための広場などに置かれている特別仕様の大型スピーカーの真正面で爆音を浴び続けて耳が遠くなる症状を「ロック外傷」と呼ぶことをご存知でしょうか?

杉の木の花粉が飛散する季節に、
小さな子どもが体温はいつもと変わらないのに頻繁にクシャミしたり水っ洟が止まないような時は、
残念ながら杉花粉症の可能性があるでしょう。


ハーバード大学医学部(HMS)の調べによれば、
普通のコーヒーと比較して1日あたり2~3杯はデカフェコーヒーを代用すれば、
なんと直腸ガンの罹患率を5割も減らせたということが明らかになっている。


暗い場所では光不足によりものが見辛くなりますが、
更に瞳孔が開くので、レンズのピントを合わせるのに余分なパワーが使われてしまい、
結果的に日の差す場所で物を眺めるより疲労が大きいと言えます。

スギ花粉症などの病状

脳卒中のクモ膜下出血はその80%以上が脳動脈瘤と呼ばれる脳の血管にできた瘤(こぶ)が裂けることが理由となって起こる命にかかわる病気として知られるようになりました。


常在細菌であるブドウ球菌(スタフィロコッカス)は紫色に染色されるグラム陽性球菌で、
大別すると毒素の極めて強大な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…aureusは「黄金色」の意)と一方は毒のきつくないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種類があるのです。


悪性の腫瘍である女性の卵巣がんは、
普通、人の身体をがんにさせない役割をする物質を産出するための鋳型ともいえる遺伝子の不具合が原因で発病してしまうというのは周知の事実です。


「ストレス」というのは、「溜めないようにすべき」「除外すべきもの」と判断しがちですが、
その実、私たちヒトは多種多様なストレスを感知しているからこそ、
活動していくことができています。


BMIを求める計算式はどこの国でも一緒ですが、
BMI値の評価は国家によって少しずつ違っていて、
JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY(JASSO)ではBMI値22を標準、
BMI25以上の場合は肥満、18.5未満を低体重と周知しています。


酒類に含まれるアルコールを分解する効果のあるナイアシンは、
苦しい二日酔いによく効く成分です。
不快な二日酔いの根源物質とされる酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド)という物質のクラッキングに携わっているのです。


パソコンの青い光を抑える効果のあるレンズの付いた眼鏡がすごく人気を集めるのは、
疲れ目の予防策にたくさんの人が苦労しているからだと推測することができます。


暗い場所では光量が足りなくて見えにくくなりますが、
更に瞳孔が開いてしまうため、目のピントを合わせるのに不必要な力が使われてしまい、
結果的に光の入る場所でものを見るより疲労が大きいと言えます。

最新投稿

  • 日々繰り返される折り目正しい

    下腹部の激痛が主訴となる主な病気には、虫垂炎と間違われやすい大腸憩室症、腎や膀胱などの尿路結石症、特定疾患に指 …

    続きを読む...

  • 予防接種の不活化ポリオワクチンは

    めまいは診られないのに、辛い耳鳴りと難聴を数回繰り返す症例の事を「蝸牛(カタツムリ)型メヌエル病(Cochle …

    続きを読む...

  • 開放骨折して

    生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓に存在している血糖値を下げるインスリンを分泌しているβ細 …

    続きを読む...

  • ストレス

    生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓(すいぞう)の血糖値を下げるインスリンを分泌しているβ細 …

    続きを読む...